海外ドラマを観るためにVODを契約

当初は、あまり意識していなかったが自分の好きな俳優さんや選手を好きな時に見られることが今の最大の魅力。

当初、契約したのはHuluです。その後、Amazonで買い物をする際に便利なのでプライム会員になった事により契約、レバレッジと言うアメリカドラマが観たくてNetflixを契約、コード・ブルーが観たくてFDOを契約。DAZNは、鹿島アントラーズにドイツから内田篤人選手が戻り再加入したために内田選手を観たくて契約しました。

ちょっとVODに加入しすぎかと思った事と昨年秋頃のHuluリニューアルで今までの環境で視聴できなくなったので真剣に解約を検討しましたがHuluにしかない観たい作品もあったので解約をしませんでした。

HuluとNetflixの良い点は、シーズンが長く続くアメリカドラマをレンタルショップで借りて観るより手軽で安い点だと思います。

個人的な価値観ですがアメリカのシーズンが長く続くドラマ(例えば、クリミナル・マインドやブレイキング・バッドやスーツ等)は、非常に良い出来きで何度観ても面白いです。

又、私は窪田正孝さんと言う俳優さんを昔から好きで非常に並外れた演技力を持っていると思います。その窪田正孝の出演する作品がHuluやNetflixには、沢山あります。

本当に何の特徴もない青年を演じるだけでもその役ごとで雰囲気がガラリと変わりますし

凄くダークな演技も心を刃物でえぐり取られたかの様な地獄絵図さながらの演技で楽しませてくれます。また、DAZNでは、今期中々先発として試合に出られていませんが内田選手が出場した節は、出場したことを喜び幸せに感じます。

この2名だけではなく、他にも沢山の動画があり、正直、興味のある物を全て観ようと思うと不可能な位あります。

VODがまだ普及し始めた頃から現在まで契約を続けていて、私にとってVODサイトは生活の中で無くてはならない物になってしまいました。

これからも活発にサイトを活用していこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です